>  > 慶應藤沢イノベーションビレッジを訪問しました

ベンチャ事始め

慶應藤沢イノベーションビレッジを訪問しました

AVH事務局 2015.06.25

SFC-IV

あいちベンチャーハウス IM 中野 喜之
 6月24日に、慶應大学藤沢イノベーションビレッジを訪問しました。
 10年ほど前の設立した頃に、訪問をしてますが、大学のキャンパスは大きくなっており、前の面影は全くありませんでした。 
 慶應大学SFCのインキュベーション施設と思っていたのですが、そうではなく中小企業基盤整備機構が慶應大学と神奈川県、藤沢市と連携して新事業創出・起業家の支援施設だということです。
 以前訪問させていただいた際に、一番印象に残っていることは、インキュベーションに入っておられた学生さんが、「ここでは会社に就職するのは負け組みで、起業を果たしたものが勝ち組みだ」と言っておられたのが、新鮮な言葉として残っています。
 今回の訪問でも、イノベーションビレッジまで、たまたま案内をいただいた学生さんが、「今ではそこまでの思いをもっている人は少なくなった」と言われながらも、ご本人は「アメリカの大学に留学することを予定している」と、自分の今後の指針をちゃんと述べられたのには、驚かされました。

 現在までのインキュベーションの取組みでは、昨年までにIPOをされた企業が2社、M&Aされた企業が1社と、実績も残しておられます。
 また入居企業さんは、当初は慶應大学の関係者が7割、その他が3割という比率が、現在は5割ずつと大学関係者が若干少なくなっているとのことでした。ただシェアードオフィスでは、学生さんが月3,000円を支払って、コワーキングスペース等も利用をされ、ここから入居者になる予備軍を、しっかりと育てているのは、さすがに大学連携が元々にあるということを表していると思います。

 今年度内には、あいちベンチャーハウスの入居者とのマッチング交流会が、出来るように情報交換を進めていきます。
15062401

あいち産業振興機構