>  > 補助金、助成金の平成29年12月最新情報-名古屋ソフトウェアセンター提供

補助金情報

補助金、助成金の平成29年12月最新情報-名古屋ソフトウェアセンター提供

AVH事務局 2017.12.04

◇「IoT社会の実現に向けたIoT推進部実施事業の周辺技術・関連課題における小規模研究開発」に係る公募について
 実施機関:NEDO
 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、IoT推進ラボ及び経済産業省と連携し、下記事業の実施者をIoT推進ラボを合同公募事務局として一般に広く募集いたします。本件(IoT推進ラボ公募のうちNEDO資金支援部分)について受託を希望する方は、IoT推進ラボHPに掲載されている公募要領に基づきIoT推進ラボ宛てに官民合同支援申請書を御提出ください。
 なお、本事業は、平成30年度の政府予算に基づき実施するため、予算案等の審議状況や政府方針の変更等により、公募の内容や採択後の実施計画、概算払の時期等が変更される場合があります。 
 1.事業内容
 (1)概要
  本公募では、IoT推進ラボ及び経済産業省が募集する第5回IoT Lab Selection(官民合同支援)と連携し、「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト」の重点項目「データ収集・蓄積・解析・セキュリティ等の横断的な次世代の基盤技術、あるいは、それらを統合するシステム化技術等の研究開発」に関連する、IoT社会の実現に向けた課題や周辺技術に係る研究開発の実施者を募集します。下記「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト」の事業内容については、基本計画及び平成29年度の実施方針もご確認ください。
 IoT推進のための横断技術開発プロジェクト
 資金・規制支援 IoT Lab Selection (IoT推進ラボ 公式サイト)
  https://iotlab.jp/jp/selection.html
(2)事業期間
 NEDOが指定する日から1年以内(平成30年度)
(3)公募期間
 平成29年11月16日~平成29年12月15日(最終日正午締切)
(概要)
  http://www.nedo.go.jp/koubo/IT2_100038.html

◇第10回「ワークライフバランス大賞」募集
 実施機関:日本生産性本部、ワークライフバランス推進会議
 募集期間: - 2017/12/15
(選考)
  個人のワークライフバランス実現を支援している企業・組織での優れた成果をあげている事例や、地域・社会に大きな貢献を果たしている事例を表彰いたします。
(選考の観点)
  次のいずれかの観点(複数可)に該当するものを選考します。下記の取り組みを組織・部門の目標に組み入れ、計画策定・実行により、従業員の働きがいや働きやすさを高めている取り組みを対象とします。
 (第10回ワークライフバランス大賞)概要
  http://www.jisedai.net/wlbtaishou/2017/index.php

///◆補助金等公募◆///
1.NEDO 平成30年度「エネルギー・環境新技術先導プログラム」に係る公募(予告)
 NEDOは、平成30年度エネルギー・環境新技術先導プログラムの委託先の公募を以下の通り行う予定です。
  本事業では、省エネルギー・新エネルギー・CO2削減等のエネルギー・環境分野において、2030年以降の実用化を見据えた革新的な技術・システムの先導研究を、原則として産学連携の体制で実施します。これにより、革新的な技術の原石を発掘し、将来の国家プロジェクト化への道筋をつけることを目指しています。
【委託先の公募】
 I.研究開発の実施体制
  原則として、企業及び大学・公的研究機関等で構成する産学連携体制とする。
  (注)産学連携体制の例外として、将来的に産学連携となる研究開発体制の具体的な想定があり、かつ少なくとも 現時点で連携先となる企業を模索する具体的な取り組みが行われている場合には、大学、公的 研究機関のみによる小規模実施も可能。
 II.研究開発テーマの実施期間
  原則1年(12ヶ月)以内。 ただし研究内容により、2年を限度とすることが 可能。 
 III.研究開発テーマの規模・NEDO負担率
  1億円程度以内/(年・件) (委託:NEDO負担率100%)
  (注)大学・公的研究機関のみによる実施の場合は、実施期間は1年以内、規模は2,000万円を上限とする。
 IV.公募期間(予定)
  平成29年12月~30年1月(40日間程度)
 V.応募方法等
  公募の詳細は公募開始日にNEDOのホームページに掲載します。
【お問い合わせ先】
 NEDO イノベーション推進部 フロンティアグループ
 担当者:徳永・久手・野口  TEL:044-520- 5174
 ○詳しくはこちら
  http://www.nedo.go.jp/koubo/CA1_100161.html

2.「NOBUNAGA21 ビジネスプラン助成金のご案内」
《株式会社十六銀行》
 NOBUNAGA21では、斬新で意欲あふれる創業者の皆様のビジネスプラン、また、新規性独創性のあるビジネスプランを有する企業、起業家の方を、助成金を通じてサポートします。
■募集機関:平成29年10月23日(月)~平成30年1月9日(火)
■助成内容
  (1)創業者・創業予定者向け助成金「ファーステージ」  4社に各10万円
  (2)ベンチャー企業・起業家向けの助成金「ニュービジネスプラン」
     最優秀賞 1社  100万円
     優秀賞   1社 30万円
■申込方法
  当行ホームページから所定の申込書をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、事業計画書自由形式)など必要な添付書類とともに、事務局宛ご郵送ください。
★詳細・申込み等は次のアドレスへ
http://www.juroku.co.jp/seminar/nobunaga21.html
★問い合わせ先:十六銀行 法人業務グループ内
    NOBUNAGA21事務局
    フリーダイヤル:0120-0817- 16
  電話(058) 266-2702(岐阜県・愛知県・三重県以外の地域から
   または携帯・PHSからは通話料有料)
  
◇あいち中小企業応援ファンド助成事業
 愛知県では、100億円の「あいち中小企業応援ファンド」を平成20年度に公益財団法人あいち産業振興機構に造成し、その運用益により、中小企業等の新事業展開に対し、助成しています。
(運営主体:公益財団法人あいち産業振興機構)
 この度、平成30年度の募集を次のとおり行います。
 なお、現行の「あいち中小企業応援ファンド助成事業」の募集は今回で最後になります。
助成対象者
  県内に本社若しくは主たる事務所を有する中小企業者(個人、小規模企業者、会社及び団体)又はそのグループ及び中小企業者の支援機関
助成対象分野
1. 地域産業資源活用応援ファンド県内の地域産業資源を活用した新事業展開
2. モノづくり応援ファンド次世代成長産業分野及び地場産業分野での地域資源を活用した新事業展開
3. 農商工連携応援ファンド あいち産業科学技術総合センターや愛知県農業総合試験場等と
連携して行う地域資源の農林水産物を活用した新事業展開
助成規模
  5,000万円程度
募集期間   
平成30年1月4日(木曜日)から1月31日(水曜日)まで
申込み・問い合わせ先
公益財団法人あいち産業振興機構 新事業支援部 地域資源活用・知的財産グループ
    〒450-0002 名古屋市中村区名駅四丁目4- 38 愛知県産業労働センター14F
    電話 052-715- 3074(ダイヤルイン)  FAX 052-563- 1438
 中小企業応援ファンド公募の概要
 http://www.aibsc.jp/tabid/423/Default.aspx

Pepperアトリエ
あいち産業振興機構