>  > 補助金、助成金の平成29年7月最新情報-名古屋ソフトウェアセンター提供

補助金情報

補助金、助成金の平成29年7月最新情報-名古屋ソフトウェアセンター提供

AVH事務局 2017.07.04

=======IPAからの【入札・公募情報のお知らせ】========
1.「中小企業組合等活路開拓事業(展示会等出展・開催事業を含む)」第2回募集
実施機関:全国中小企業団体中央会
募集期間:2017/06/23 - 2017/07/24
http://www.chuokai.or.jp/hotinfo/29katsuro_p1.html

2.「連合会(全国組合)等研修事業」第2回募集
実施機関:全国中小企業団体中央会
募集期間:2017/06/23 - 2017/07/24
http://www.chuokai.or.jp/hotinfo/29katsuro_p3.html

/////◆補助金等公募◆////
1.平成29年度予算「潜在的創業者掘り起こし事業」における認定創業スクールを公募します(第2次公募)
 《中小企業庁》
 中小企業庁では、全国で実施される創業支援講座で一定の要件を満たすカリキュラムを「認定創業スクール」として認定し、創業希望者が基本的知識の習得からビジネスプラン策定までの支援を全国各地で受けられるようにします。
 認定を受けることで、講座に対する信頼性の向上が見込めることや事務局のホームページで募集情報を掲載することができる等のメリットがあります。
【概要】
 認定創業スクールでは、地域において新たに創業を予定している方、創業に再チャレンジする方等を対象に、創業時に必要となる知識・ノウハウの習得や、ビジネスプランの作成支援を実施することで、創業に向けたサポートを行います。
 また、認定創業スクールを通じて受講生の方が作成したビジネスプランの中から、優良なビジネスプランを選定し、創業スクール選手権の拡大版となる全国的なビジネスプランコンテストを開催する予定です(2018年2月予定)。
【募集期間】
 平成29年6月19日(月)~平成29年7月14日(金)
【公募説明会】
 平成29年6月29日(木) 15時30分~16時30分 名古屋会場
【応募方法(公募要領等)】
 ご応募については下記ホームページをご覧ください。
 https://www.pasona.co.jp/pr/sougyou/2017/ (管理事務局HP)
【お問合せ先】
 平成29年度潜在的創業者掘り起こし事業管理事務局 (株式会社パソナ内)
 TEL 03-6262-3781

2.潜在的創業者掘り起こし事業(連携コンテスト)を公募します
 《中小企業庁》
 中小企業庁では本年度、地域の優れた創業者のPRを行い、全国的に身近な創業者の掘り起こしを目指してEJC(アントレプレナーシップキャンペーン)のなかで全国的なビジネスプランコンテスト(第4回創業スクール選手権)を実施します。
 この中で、「認定創業スクール」から選ばれたビジネスプランに加えて、各地で開催されるビジネスプランコンテストの応募者から優れたビジネスプランを推薦していただける、コンテストを「連携コンテスト」として公募します。
 つきましては、創業スクール選手権の拡大版となるビジネスプランコンテストと連携していただける各地のビジネスプランコンテスト(「連携コンテスト」)の実施主体を公募いたします。
 ■募集期間:平成29年4月25日(火)~平成29年9月29日(金)
  応募方法など詳細は下記ホームページをご覧ください。
 http://www.meti.go.jp/press/2017/04/20170425006/20170425006.html
【お申し込み・お問い合わせ先】
 平成29年度潜在的創業者掘り起こし事業管理事務局(株式会社パソナ内)TEL 03-6262-3781

3.「ロボット導入実証事業」の公募開始
 経済産業省(委託先:一般社団法人日本ロボット工業会)では、ロボット未活用領域の開拓やロボット導入に要するコスト削減、公共空間で活用可能なロボットの社会実装の促進などを目的に「ロボット導入実証事業」の公募を開始します。
 ●事業内容
 (A)未活用領域における導入実証・FS事業
 (補助金上限額:導入実証 3,000万円、FS 500万円)
  ロボット未活用領域においてロボットの活用に挑戦する事業者(ロボットユーザー)に対し、その実証やFS(実現可能性調査)に要する費用の一部を補助します。

 (B)コスト削減に向けたSIプロセス実証事業
 (補助金上限額:3,000万円)
  ロボットシステムの構想・設計・導入を担うシステムインテグレータと密に連携し、ロボット導入コストの削減に向けたシステムインテグレーション(SI)等を実施する事業者(ロボットユーザー)に対し、その実証に要する費用の一部を補助します。

 (C)公共空間におけるロボット社会実装プロジェクト
 (補助金上限額:導入実証 3,000万円、FS 500万円)
  市街地・空港等をはじめとする公共空間においてサービスを提供するロボットの社会実装に向けた実証やFSに要する費用の一部を、その実施者に対して補助します。
 ●公募期間
  公募開始:平成29年6月26日(月)
  応募締切:平成29年7月28日(金)(必着)
 ○詳しくはこちら
  http://www.jara.jp/hojyo/koubo.html

4.NEDO「平成29年度 未踏チャレンジ2050」に係る公募について
 総合科学技術・イノベーション会議において取りまとめられた「エネルギー・環境イノベーション戦略」に基づき、我が国が、2050年という長期的視野にたって、温室効果ガスの抜本的な排出削減を実現するためには、イノベーション創出を目指し、エネルギー・環境分野の中長期的な課題を解決していく従来の発想によらない革新的な技術の開発や新しいシステムの構築が必要です。
 本事業では、エネルギー・環境分野において、原則として産学連携に取り組む企業及び大学・研究機関等を対象に、2050年を見据えた温室効果ガスの排出削減を実施する革新的な技術・システムについて、解決すべき技術課題とそれを解決する研究開発の提案を募集します。
 新規性・独創性・革新性があり、将来的な波及効果が期待できる研究開発テーマを実施します。
【公募期間】
 平成29年5月31日~平成29年7月18日正午必着
【委託先の公募について】
I.研究開発の実施体制
 原則として、企業及び大学・公的研究機関等で構成する産学連携体制(注)とします。
 また大学・公的研究機関等の研究者は、平成30年3月31日時点で40歳未満であることを応募条件とします。
 (注)将来的に産学連携となる研究開発体制の具体的な想定があり、かつ、少なくとも現時点で
 連携先となる企業を模索する具体的な取組が行われている場合には、大学等のみによる提案も可能とします。
II.研究開発テーマの実施期間
  最大5年。(原則3~5年とし、研究開発の途中段階でステージゲート審査を実施します。)
III.研究開発テーマの規模・事業形態(NEDO負担率)
 500~2000万円程度/(年・件)  委託:(NEDO負担率100%)
【お問い合わせ先】
  NEDOイノベーション推進部 
  フロンティアグループ(担当者:加藤・高橋・戸田)
  TEL:044-520-5174 FAX:044-520-5177
 E-MAIL:mitou@nedo.go.jp
 ○詳しくはこちら
  http://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_100147.html

あいち産業振興機構
1.平成29年度あいち中小企業応援ファンド助成事業・第2回募集のご案内
  公益財団法人あいち産業振興機構では、地域資源を活用した新事業展開を支援 する「あいち中小企業応援ファンド助成事業」について、平成29年度の第2回 募集を次のとおり行います。
【公募期間】6月30日(金)~7月31日(月)
【事業(採択)規模】5,000万円程度
 ○詳細はこちら
 https://goo.gl/hJcdXo
【地域資源活用・知的財産グループ TEL 052-715-3074】

2.「補助金・助成金一覧」29年度版の公開
  国・県の補助金・助成金や愛知県内の各市町村等が独自に行っている補助金・助成金を公開しています。平成29年度版に更新しましたのでぜひ、ご活用ください。
 ○詳細はこちら
 https://goo.gl/othNvj
【情報推進グループ TEL 052-715-3064】   

Pepperアトリエ
あいち
あいち産業振興機構