>  > 補助金、助成金の平成29年6月最新情報-名古屋ソフトウェアセンター提供

補助金情報

補助金、助成金の平成29年6月最新情報-名古屋ソフトウェアセンター提供

AVH事務局 2017.06.05

以下の制度を紹介します。詳細は各問い合わせ先をご覧ください。
1.「制御システムに関するセキュリティ対策を含むe-ラーニングサービスの調達」に係る事前確認公募
  ◆公募期間:2017年6月2日(金)~ 2017年6月12日(月)12:00
  ◆詳細については、下記サイトの公募要領をご覧ください。
    http://www.ipa.go.jp/about/kobo/kobo20170602.html
  ◆公募説明会の実施予定はありません。
 【本件に関するお問合せ先】
  IPA 産業サイバーセキュリティセンター
  E-mail: coe-kobo-j@ipa.go.jp

2.名古屋市スタートアップ企業支援補助金
  実施機関:名古屋市
  募集期間:2017/06/01 - 2017/06/15
   http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000080543.html

3.IoTによる中小企業の事業創出(IoT ビジネスパートナーの募集)
  実施機関:中小企業基盤整備機構中部本部、KDDI、中部電力、シスコシステムズ
  募集期間:2017/04/26 - 2017/09/29
   http://www.smrj.go.jp/kikou/press/chubu/100903.html

経済産業省
1.IT導入補助金に係る補助事業者の2次募集開始
 経済産業省では、生産性向上に資するITツールの導入を促進するため、中小企業者等のITツール導入経費の一部を補助する制度を実施しております。
 この度、補助事業者の2次募集を開始しましたのでお知らせします。
 本補助制度は、幅広い業種の方々がご利用できますので、是非、この機会にご活用いただけると幸いです。
  ※ITツールにつきましては、専用HPにあらかじめ登録されたものから選択することとなります。
  ※人気の補助制度となりますので、申請にあたっては公募要領等をよく理解した上で、進めていただけると幸いです。
   https://www.it-hojo.jp/applicant/
 ■申請期間:3/31(金)~6/30(金)17:00
 ■実施期間:交付決定日以後~9/29(金)
 ■補助率:2/3以内
 ■補助上限額:100万円、補助下限額:20万円
 ご不明な点などあれば、専用コールセンターまでお願いいたします。
  TEL:0570-013-330
  受付時間 9:30~17:30(土・日・祝除く)

2.NEDO「戦略的省エネルギー技術革新プログラム/省エネルギー技術開発事業の重要技術に係る周辺技術・関連課題の検討(平成29年度)」に係る公募について
  「戦略的省エネルギー技術革新プログラム(以下、「本プログラム」という)」では、省エネルギーの技術開発・普及が拡大されることで、我が国におけるエネルギー消費量を2030年度に原油換算で1,000万kL削減することを目標としています。
  高度な技術シーズを保有する企業・大学等が、省エネルギーの重要技術分野で製品化・事業化を目指す際に、保有するシーズの分析・評価を含む先行技術調査や、必要となる要素技術やビジネスリソースの明確化、連携フォーメーションの検討、省エネルギー効果量の試算等のビジネスプランに係る
調査・分析・検討・評価等の取組を実施することは、事業性をより確実なものにするために不可欠です。
  こうした調査事業を実施することで優位性、新規性の高い有力な技術シーズを発掘・抽出するとともに、本プログラムへの提案誘導及び提案内容の充実・強化を図ることを目的とします。
【公募期間】
  平成29年5月22日~平成29年6月21日正午
【事業期間】
  平成29年8月~平成30年1月(予定) 又は 平成29年8月~平成30年6月(予定)
【応募資格】
  企業、大学等の学術機関(国公立研究機関、国立大学法人、公立大学法人、私立大学、高等専門学校、国立研究開発法人等) 
   ※企業・大学単独の応募も可能。
  (学術機関の場合、企業との連携の目途がついていることが要件となります)
【応募の条件】
  本プログラムに応募する予定があること。
   (基本スキーム、テーマ設定型事業者連携スキーム いずれも可)
【事業費】
  上限1,000万円(消費税含み、100%NEDO負担)
【調査対象】
  本プログラムへの提案内容の充実・強化を図るための技術の優位性・新規性の検証、事業性の明確化等に貢献するもの。
  大企業の場合、実験・シミュレーション主体の技術的検討のみが対象となります
【お問い合わせ先】
  NEDO 省エネルギー部 開発グループ
   担当者:立岩、武田、岸井、松前
    E-MAIL:shouene-chousa@ml.nedo.go.jp
○詳しくはこちら
  http://www.nedo.go.jp/koubo/DA2_100207.html

3.NEDO平成29年度「ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクト」に係る公募について
 本事業では、ものづくり分野、サービス分野(生活支援分野等を含む。)において、ロボットの初期導入コストの2割以上削減に向け、ロボットの本体価格を引き下げるべく、汎用的な作業・工程に使えるロボット(プラットフォームロボット)の開発(ハードウェア・ソフトウェアの共通化)を実施し、これらの各分野のロボット未活用領域において、ロボット導入を促進するプラットフォーム化されたロボットシステムを整備します。
【公募期間】
  平成29年5月1日~平成29年6月9日正午(※)
  ※郵送、持参の場合で、締切り日が異なりますので御注意ください。
      持参の場合:平成29年6月9日(金)12時00分までに提出されたもの
      郵送の場合:平成29年6月8日(木)17時00分までにNEDOに到着したもの
    (郵送の場合、6月8日以前の配達日指定で送付してください)
【事業期間】
  平成29年度~平成31年度 (3年間)
【事業規模】
  ・研究開発項目(3)「ロボットのプラットフォーム化技術開発(ソフトウェア)」
   委託額 1件当たり年間450百万円以内
  ・研究開発項目(4)「ロボットのプラットフォーム化技術開発(ハードウェア)」
   委託額 1件当たり年間10百万円~150百万円程度
【お問い合わせ先】
  NEDO ロボット・AI部 
  担当者:安川(優)、柿元、木村、白石
   TEL:044-520-5241 FAX:044-520-5243
   E-MAIL:robo-marc@ml.nedo.go.jp
○詳しくはこちら
  http://www.nedo.go.jp/koubo/CD2_100079.html

4.(一社)日本ロボット工業会 ロボット導入促進のためのシステムインテグレータ育成事業」の追加公募について
 本事業では、ロボットを使用した機械システムの導入提案や設計、構築等を行う「ロボットSI」事業を行うのに必要な知識や技能、提案能力の習得や、提案型のロボットSIを行うことができる環境の整備、ロボットシステムのモデル構築等を目的とした、ロボットの取得等に要する経費の一部を助成します。
 以下のA~Cの類型のいずれかに合致する優れた提案に対して補助を行います。
【補助対象事業者】
  本事業を契機にロボットSI事業を始める者やロボットSI事業を営んでいる者、協業等によりロボットSI事業を行う連携体、地域でロボット導入提案を行う公設試・地方自治体 等
【補助率】
  中小企業:2/3以内
  大企業(中小企業以外):1/2以内
【補助対象経費】
  ロボット本体やロボットに取り付ける機器・周辺装置の購入費や製作に掛かる費用、ソフトウェアの使用料・購入費、人件費、安全講習の受講料 等
<A類型 ロボットSI事業参入・拡大型/補助金上限額 : 1,500万円 >
【提案内容】
 ロボットSIに必要な知識、技能及び提案能力の習得や高度化を目的として、自らロボット等を取得し、ロボット技術者やロボットシステムの導入提案を担う人材の育成等を通じて、ロボットSIを新たに事業の一つとして展開していく計画や、既存のロボットSI事業の拡大を目指す計画、実演等による導入提案が可能な環境を整備しロボット導入の促進を図る計画を対象とします。
<B類型 ロボットセンター開設型/補助金上限額 : 5,000万円 >
【提案内容】
 ロボット導入促進のための環境整備を目的として、多彩なロボットを取りそろえロボットシステムの展示や実演等を通じた導入提案を行うほか、ロボットの操作教育や安全教育、ロボットに関する普及・啓発等の講習を実施していく計画を対象とします。
<C類型 ロボットシステムのモデル構築型/補助金上限額 : 3,000万円 >
【提案内容】
 多くの中小企業等の現場(ものづくり分野、サービス分野)に共通する課題 を解決するためのロボットシステムのモデルを構築し、多様な現場にその導入を提案し展開していくツールとすることで、提案型のロボットSIを実現する計画を対象とします。
【公募期間】
 公募開始 : 平成29年5月11日(木)
 締  切 : 平成29年6月30日(金)(必着)
【お問い合わせ先】
 一般社団法人 日本ロボット工業会
   「ロボット導入促進のためのシステムインテグレータ育成事業」係
    TEL:03-3434-2919 (高本・須田・中川・高橋)
○詳しくはこちら
   http://www.jara.jp/hojyo/sierkoubo.htm

5.平成29年度予算に係る戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)の公募について
(1)制度の目的
  この事業は、デザイン開発、精密加工、立体造形等の特定ものづくり基盤技術(12分野)の向上につながる研究開発、その事業化に向けた取組を支援することが目的です。中小企業・小規模事業者が大学・公設試等の研究機関等と連携して行う、製品化につながる可能性の高い研究開発及びその成果の販路開拓への取組みを一貫して支援します。
(2)応募対象事業
 この事業の応募対象は、中小ものづくり高度化法(以下「法」という。)第3条に基づき経済産業大臣が定める「特定ものづくり基盤技術高度化指針」に沿って策定され、新たに法第4条の認定を受けた特定研究開発等計画(以下「法認定計画」という。)を基本とした研究開発等の事業になります。
(3)応募対象者
  法の認定を受けたものづくり中小企業・小規模事業者を含む、事業管理機関、研究等実施機関、総括研究代表者(PL)、副総括研究代表者(SL)、アドバイザーによって構成される共同体を基本とします。
(4)補助事業期間と補助金額等
  ・補助事業期間:2年度または3年
  ・補助金額:平成29年度(平成30年3月末まで)に行う研究開発等に要する補助
   金額の合計が4,500万円以下。
   (1) 大学・公設試等(補助率:定額 1,500万円を上限)
   (2) 中小企業・小規模事業者等 (補助率:2/3以内)
 ※2年度目以降は、原則として次のとおり減額するものとします。
   2年度目 初年度の補助金交付決定額の2/3以内(定額:1,000万円以内)
   3年度目 初年度の補助金交付決定額の半額以内(定額:750万円以内)
(5)公募期間
  平成29年4月14日(金)~平成29年6月8日(木)
(6)採択想定件数
  100件程度採択する予定。
 ※上記件数は、現時点での想定となっておりますので、予告無く変更されることがあります。
【お問い合わせ先】
    中部経済産業局地域経済部産業技術課
    〒460-8510 名古屋市中区三の丸2-5-2
    TEL:052-951-2774
○詳しくはこちら
  http://www.chubu.meti.go.jp/interface/php/chubu/kikai/sapoin/index.php/news/detail/3425

6.NEDO「平成29年度 未踏チャレンジ2050」に係る公募について(予告)
 我が国が、2050年にエネルギーを起源とする温室効果ガスの半減など、エネルギー・環境分野の中長期的な課題を解決していくためには、従来の発想によらない革新的な技術の開発や新しいシステムの構築が必要です。
 本事業では、省エネルギー・新エネルギー・CO2 削減等のエネルギー・環境分野において、原則として産学連携に取り組む大学・研究機関・企業等を対象に、2050年頃を見据えた革新的な技術・システムの提案を募集します。
 新規性・独創性・革新性があり、将来的な波及効果が期待できる温室効果ガス削減に関する研究開発テーマを選定します。
【公募期間(予定)】
  平成29年5月下旬~平成29年7月中旬(40日間程度)
【委託先の公募について】
 I.研究開発の実施体制
   原則として、企業及び大学・公的研究機関等で構成する産学連携体制とします。
   また大学・公的研究機関等の研究者は、平成30年3月31日時点で40歳未満であることを応募条件とします。
   (注)産学連携体制の例外として、将来的に産学連携となる研究開発体制の具体的な想定があり、かつ、少なくとも現時点で連携先となる企業を模索 する具体的な取り組みが行われている場合には、大学、公的研究機関等 のみによる実施も可能とします。
 II.研究開発テーマの実施期間
    最大5年。 ただし、事業開始より2~3年後に外部性を取り入れた中間評価を実施します。
 III. 研究開発テーマの規模・NEDO負担率
    2000万円程度以内/(年・件)(委託:NEDO負担率100%)
【お問い合わせ先】
  NEDO イノベーション推進部 
   フロンティアグループ(担当者:加藤・高橋・戸田)
   TEL:044-520-5174 FAX:044-520-5177
  E-MAIL:mitou@nedo.go.jp
○詳しくはこちら
  (応募方法等公募の詳細は公募開始日にホームページに掲載します。)
   http://www.nedo.go.jp/koubo/CA1_100147.html

7.平成29年度「海外事業再編戦略推進支援事業」の二次公募について
 中小機構では、海外子会社の経営に課題を抱えている中小企業(国内親会社)に対し、専門家による経営診断及び市場調査等を通して、事業再編に資する選択肢を提示することにより、当該課題の解決の推進を支援します。
 この度、以下のとおり二次公募を行います。
○公募期間
  平成29年5月10日(水)~平成29年6月30日(金)17:00必着
○詳しくはこちら
  http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/information/092443.html

8.平成29年度「海外ビジネス戦略推進支援事業」の二次公募について
 中小機構では、海外市場に活路を見出そうとする中小企業者に対して、専門家チームを組成し、海外展開事業計画の策定支援、F/S(実現事業可能性調査)支援、外国語Webサイト作成支援をします。
 この度以下の通り二次公募を行います。
○公募期間
 平成29年5月15日(月)~平成29年6月30日(金)17:00必着
○詳しくはこちら
  http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/fs/069550.html                

Pepperアトリエ
あいち
あいち産業振興機構