>  > MTG安達代表、全国初「細り表」アプリを愛知県と共同開発!

入居企業紹介

MTG安達代表、全国初「細り表」アプリを愛知県と共同開発!

AVH事務局 2017.03.13

シェアードオフィスに入居しているMTGの安達さんが、愛知県森林・林業技術センターと共同で、「細り表」アプリを開発しました。
愛知県では「細り表のアプリ化は全国初ではないか」と話されています。
細り表というのは、木が根元から先端に向かって、どう細くなるかを推定する表で、これをもとに桧や杉など立木の直径が分かり、どれを伐採すれば高く販売出来るのかといった採材の参考に非常に役立つアプリということです。
今まで現場では紙ベースで使いにくい細り表を使用してきましたが、このアプリ開発により森林所有者の収益を簡易に推定できるようになったということです。詳細は、3月11日発行の日刊木材新聞で紹介されました。また同日付で木材工業新聞、3月13日付で林経新聞にも紹介されました。

あいち産業振興機構